大宮の鉄道博物館にも行ってきたよ

前回の記事の続きです。

 

 

 

真岡駅から在来線で下館駅にリターン。

さらに、下館駅からJR水戸線に乗り換えて、小山駅まで行きます。

 

さらにさらに、小山駅からは新幹線やまびこ号にのって、20分ほどで大宮へ。

JR宇都宮線でも1本でいけますが、1時間位かかります。

 

そして、大宮駅からニューシャトル(正式名称は、埼玉新都市交通伊奈線)で一駅先が、鉄道博物館駅です。

 

1時間前まで蒸気機関車に乗っていたので、タイムスリップ感が半端ないです。

 

鉄道博物館でのお目当ては、コレ!

0系!

鉄道オンチのぼくでも、唯一型番を知っているくらいに有名な、初代新幹線です。

千葉在住で、母親の実家が東北にある関係上、小学校時代は夏休みのたびに、新幹線やまびこ号に乗って、帰省していました。

毎回、駅弁の釜飯を買ってました。

 

乗車。

 

シートに座ることもできます。

 

やっぱり、新幹線と言えば、この角丸の四角い窓です。

 

さらに、てっぱくだと……

この様に、真下から見上げることもできちゃいます!!

 

ここは、先頭部分。

尖った先端で、風を切って進みます。

 

長くなったので、ここで一旦区切ります。

他、鉄道の歴史資料や、車輪や信号機などの機械類、ゲームをして鉄道の仕組みを学べるコーナーなど、いろいろありました。

 

中で駅弁も売っていて、飲食可能な展示鉄道もあるので、ちょっとした旅行気分に浸りながら食事することもできます。

 

鉄道博物館

鉄道に詳しくなくても、男の子経験者なら、間違いなく楽しめる空間だと思います。